セフレに関するコラム

童貞を「チェリーボーイ」と呼ぶ意味や由来とは?

チェリーボーイ

日本では童貞の男性の事を「チェリーボーイ」と呼ぶ事もあるが、なぜ童貞がチェリーなのか?その意味や由来を紹介します。イメージとしては、おちんちんの先がチェリーの様な形や色をしているからとか、金玉の形だと思いがちですが、実は全く違う部分から由来しています。

童貞を「チェリーボーイ」と呼ぶ意味や由来

チェリーは未経験(ヴァージン)、処女を指す

チェリーは果物で、日本ではさくらんぼの事を刺しています。英語ではCherryと書きますが、米国の俗語なども解説しているオンライン辞書を見てみると、果物としての名称以外の意味としては未経験(ヴァージン)、処女、未使用だと言う事を指すそうです。

女性の処女膜の俗語であり、例えば男友達との会話で「昨日初エッチしたんだけど、彼女は出血しなかったから、誰か俺より先にチェリーに辿り着いていた」なんて感じで使われます。

ただ、これは古い考え方で、性交渉以外に、タンポンの使用、激しい運動などでも、処女膜は破れる事が分かっているので、そんな事も知らない様な男性しか言わないそうです。

未経験と言う意味を持つ事から、ベトナム戦争中の米軍では「血を流した」事が無い、初めて戦地へ赴く戦闘員に対しても俗語として使われていたとされています。経験がない為、戦闘での行動が予測できない兵士、未熟な戦闘員と言う意味で使われます。

チェリーボーイは日本発の造語

日本のサイトなどでは、米国などでも童貞の事をチェリーボーイと言うなんて書かれている場合が多いですが、実際に米国のオンライン辞書などを調べると、ハッキリと日本発の俗語、日本発の造語と書かれています。

意味としては、日本で使われている意味のまま「性行為や活動の経験がない男性を指す俗語」と掲載されていました。

チェリーの説明で分かる様に、先ずは女性を指す言葉であって、それを男性に当てはめる為に日本で「boy(男の子)」を付け加えたと言う訳です。ですので本来の意味からは、童貞の男性に対して「チェリー」と呼ぶのは間違っている訳です。

チェリーは大人のエロさを備えたと言う意味でも使われる

チェリーは大人のエロス

チェリーボーイの由来を調べる為に、米国のサイトを色々と調べていたら、別の意味がある事も分かりました。

先ず、真っ赤に熟したジューシーなチェリーは、「強い生殖能力の象徴」とされているそうです。濃厚な風味と濃い色の両方が、初体験としばしば比較されるそうです。

更にチェリーの色や形が恋人の唇に似ているとされていたり、チェリーを噛むと出血した様な色になる事から、昔からエロティックな繋がりがあるとされています。

他にも、チェリーの果実が木の上で成熟するにつれて、フェミニンな貞操と純粋さを表すとされる様になりました。ただ、摘み取られたチェリーは無実と美徳の喪失を表し、止まらない欲望、情熱、欲望を表現するとされます。

そこからチェリー単体での絵文字は「セクシー」「美しい」「ホット(セクシーに近い意味で、魅力的な男女に使う俗語の意味がある)」などの意味でも使われる様になっています。

1000人斬りの俺が教えるセフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリ
1000人斬りの俺が教えるセフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリ

ネットで出会いセフレを量産したいなら、絶対に間違えてはいけないのは、サイトやアプリ選びです。実際に利用し続け、セフレを量産し続けられている物をランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら