セフレの作り方

セフレ持ちが教える!セフレと出会った場所やキッカケ

セフレ持ちが教える!セフレと出会った場所やキッカケ

セフレが欲しいと思った時、先ず考える事は「全く知らない、誰とも関係無い人と出会ってセフレになる為の、出会いの場所やキッカケが分からない」と言う事。様々な場所やキッカケはありますが、誰でも出会える多くの人が成功している確率が高い所を今回は紹介します。

セフレと出会った場所やキッカケ

上記の画像は相模ゴムが2018年10月25日(木)〜11月5日(月)に、日本人の男女14100人に調査を行った「ニッポンのセックス」より引用します。この調査は、セフレがいる人に「セフレと出会った場所やキッカケ」を質問した結果です。

学生も含まれる20代は「学校」が多いですが、社会人の多くはどの年代でも「同じ会社」が多い事が分かります。セフレ持ちの4~5人に1人は社内で見つけていると言う事です。次に多いのは元々からの「友人」、更に「友人の紹介」と続きます。ここまでは、繋がりや関わりがある中での出会いとなっています。

全く知らない、誰とも関係無い人との出会いの場所やキッカケとなっている所を見ると「飲み屋」「SNS」「風俗店」「出会い系サイト」が多くなっています。

「ソシャゲ」も含めると「ネットの出会い」が15%~20%程度となり、1位の「同じ会社」に迫るくらいになる事が分かります、いかに現代ではネットの出会いが当たり前になっているかが分かるし、セフレという特殊な関係を作りやすいのもネットだと分かります。

 

管理人がセフレを大量ゲットしている出会いの場所

出会い系サイト、出会い系アプリ

私がセフレを大量ゲットしている場所のランキングは以下です。

3位:バー

社会人の出会いの場なっているバーでは、セフレ候補とも出会えます。ただ出会い目的で店を利用したり、知らない女性に強引に話しかけたりすると、お店から嫌われるので、あくまでバーを楽しむ事をメインにしなくてはいけません。

お店の人と仲良くなり、その上で他の女性客と仲良くなるのが良いでしょう。また、同じ店で何人もの女性に行くと、これも嫌われる原因になります。

バーでは出会いはありますが、ある程度の見た目や会話術が無いとセフレを作るのは難しいので、向いていない人には厳しい。寂しいので、1人で飲みに来ている様なタイプが狙い目ですが、メンヘラタイプも少なくないので、その手の女性には慎重に見極めて行きましょう。

2位:キャバクラ

30代中盤になってから、お金に余裕が出来てきたし、一緒に飲みに行く友達たちも余裕が出来てきたので、キャバクラにも行っています。お金と時間はかなり掛かりますが、気に入った子を指名出来るので、質は高い子が多いのがメリットです。

費用はお店の代金やアフター代やタクシー代などが嵩むので、10万前後~数十万円で1人ゲットするくらいの経費が掛かるので、お金に余裕が無いと厳しいです。

もう1つデメリットとして、それなりのテクニックが必要になってくるので、向いていない人には厳しい。可愛いし、スタイル良いので、落とせれば最高のセフレになる可能性がありますが、デート代も費用が嵩むパターンが多いです。

1位:出会い系サイト

社会人になってから、セフレを作った数、ヤッた女性の数などが圧倒的に多い、出会いの場所は「出会い系」です。様々な出会い系を使ってきましたが、今でも現役で使っているのは5つくらいです。

その中でも「PCMAX」と「ハッピーメール」と「ワクワクメール」は外せません。セフレが欲しいなら、この3つは絶対に登録しておきましょう。他も使っていますが、この3つだけでも年間かなりの女性と出会えています。

サクラがいないし超優良サイトで、ユーザーもめちゃくちゃ多いので、出会いやすいです。18歳~60代くらいまで、ありとあらゆる人が出会いを探しています。マッチングアプリは真面目な恋愛を目的としていますが、出会い系は気楽な出会いを目的にした人が多いので、セフレが欲しいと思っている男女も勿論多いです。

費用は数千円で1人ゲットするくらいの経費でやっています。出会い系は空いた時間にちょこちょこやるのでOKなんで、時間があまり取られないのもメリットです。

セフレが欲しいなら、私は全ての方法を試しますが、先ずは何か1つと言われれば、絶対に出会い系をお勧めします。

1000人斬りの俺が教えるセフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリ
1000人斬りの俺が教えるセフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリ

ネットで出会いセフレを量産したいなら、絶対に間違えてはいけないのは、サイトやアプリ選びです。実際に利用し続け、セフレを量産し続けられている物をランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら