セフレの作り方

一人暮らしのセフレ女はメリットだらけ!高確率で出会う方法を紹介

一人暮らしのセフレ女はメリットだらけ!高確率で出会う方法を紹介

既婚者や彼女持ちだと、自宅にセフレは呼べないので、相手の自宅が良いという人は多い。その為、一人暮らしのセフレ女をターゲットにしたいと考える男性は多いですが、そういう人以外にもメリットが多い!そこで今回は一人暮らしの女性と高確率で出会う方法を紹介します。

男性目線で書きますが、これに関してのメリットは女性側も多くが重なります。

一人暮らしの女性をセフレにする6つのメリット

ベッドで寝る女性

1.ホテルを使わなくて良いからお金の節約になる

最大のメリットは、ホテルを使わなくて良いので「お金の節約」になる事です。1回ヤル為にホテルに行けば、5000円~1万円程度はホテル代だけで掛かります。回数が多くなれば、それだけ出費するので、一人暮らしの相手の家に行く事でお金を節約できます。

2.ホテルを使わなくて良いからリスク低減になる

誰かの自宅に行く所を見られただけなら、まだ何らかの言い訳は可能ですが、ラブホテルに一緒に入る所を見られると言い訳は不可能です。既婚者や彼女持ちなら、かなり慎重になる所でしょう。

ホテルに別々に入るくらいの事まですると、なんか面倒だし冷めますし。家なら「ちょいコンビニ行ってくるから先に入ってて」何て事も言いやすいです。

3.自分の家を使わなくて良い

セフレ関係ですから、嫌になったら気楽に切れるのが良い所です。しかし相手が本気になりかけたら、取り付かれる事もあるので、一気に関係を切ってしまわないといけません。

そういう時に自分の家に来るパターンになっている場合、無理やり家に来たり、ストーカー的に家の近くに現れたりするので危険です。相手の家で遊ぶ関係にしておけば、こういうリスクがかなり下がります。

4.ヤリたい時に直ぐにヤレる可能性がある

セフレと言っても「ヤリたいから直ぐやろう」とか、同じ意味で「俺んち来ない?」と言うノリでは嫌われる事が多いので、食事やお酒のデートなどを挟む事は多いです。

しかし一人暮らしの女性だけは、例えば夜中などに「家行って良い?」なんて、相手の家に行く事に関してはOKしてくれる事があるので、直で家に行き、チラッとお喋りして、そのままエッチへと発展させる事が出来ます。

ヤリたいと思った時に連絡入れて、相手の家に行って即ヤルなんてパターンもアリな関係になっていきます。このパターンはたまに使うくらいにしておいた方が良いですが、使った時はホテル代どころか、デート代まで節約できます。

5.泊まるついでにヤレる

繁華街から遠くに住んでいる男性は、夜中まで遊ぶとタクシーしか帰る手段が無くなります。

その際、繁華街の近くにセフレがいれば「今日は友達と飲みに出てくるから、終わったら合流しない?」とか、慣れたら「1時頃になるけど行って良い?」なんて言えば、OKしてくれる子も多いので、そうなれば泊まる場所が確保できる上に、オプションでエッチまで付いてきます。

6.長く楽しめるセフレ関係を作れる可能性がある

一人暮らしだと自由な反面、寂しさを感じる時間が多いので、癒しや温かさを求めやすい。その手のタイプだと、寂しいと感じた時に相手をしてあげれば、長くセフレ関係をキープしたまま楽しめる仲になる可能性が高いです。

 

一人暮らしの女性と高確率で出会う4つの方法

一人暮らしの女性と高確率で出会う方法

1.クラブで出会う

30過ぎのオッサンになった私には厳しくなった手段ですが、20代前半まではこれでバシバシ釣ってました。18歳~25歳くらいまでならアリだと思います。クラブは深夜がメインの遊び場所なので、ここで終電後でも遊んでいる子は一人暮らしの女性が多い。友達の家に泊まったり、実家が近い子も勿論いますが、深夜までクラブ遊びしている子は一人暮らしの確率は高いです。

自分が一人暮らしの男性の場合、泊まる場所が欲しい女性をクラブで見つけるのも凄く良いですが、一人暮らしの女性も直ぐに見つかります。しかもノリは軽いし、そのまま家に行ってエッチまでのハードルが非常に低い。夜遊び好きだから、夜からちょいと一緒に飲んでヤル様な関係に持ち込み易いです。

2.バーで出会う

現在もセフレを作るために使っています。バーに1人で飲みに来ている子は一人暮らしの確率がかなり高いし、終電後まで飲んでいる子は更に確率は高くなります。お酒が強くない子なら、なおさら確率は高まります。

1人で家にいるのが寂しいから、誰かと喋りたい、でも友達は少ない女性が多いので、めちゃくちゃセフレにもし易いです。メンヘラタイプも多いので注意は必要ですが、そういうタイプこそ上手く扱えば最高のセフレに仕上がっていきます。

一人暮らしが多い住宅地から近いバーなどに行くと、この手のタイプは多く見つかります。

3.キャバクラで出会う

これも現役で使っています。キャバ嬢は特に女子大生だと一人暮らしが多いです。深夜まで働いて酔っ払って帰ってくるので、親から反対されるパターンも多い仕事なので、キャバ嬢をやっている事自体が一人暮らしの可能性が高いと言う事です。

キャバクラなら指名を入れなければ付け回しで、色々な女性を付けてくれるので、そういう時に一人暮らしかどうかをストレートに聞いて、一人暮らしの子を指名して、アフターに連れ出す、そうやっている内に口説いて家に上がり込むでOKです。

ここまで行けば、店に行かなくても、「今日は飲みに出てて、今〇〇ってバーにいるから、仕事が終わった後に合流しない?」と言えば、多くの場合はOKしてくれ、そのバーでちょいと飲んで、そのまま家へと言うコースが出来上がります。

セフレにするまでの経費がかなり掛かる事が多いので、お金に余裕がある人にしかお勧めしません。

4.出会い系で出会う

現役で使っている中で1番出会いの場になっています。寂しい女性が集まるネット上の場所と言えば「出会い系」です。真面目に結婚を考えて相手を探している人は「マッチングアプリ」に行きますが、そこまでじゃないけど寂しいし誰か話したり、遊んだり出来る相手がいないかなと思って行きつく場所が出会い系です。

特に21時過ぎや週末にログインしているタイプは、この確率が高いです。寂しさを感じて出会い系をやっている子なので、一人暮らしの確率も高くなります。実際に私がこの手のタイプに絞って出会い系で会ってみると、5分の4は一人暮らしです。

これ系の子は、エッチまでのハードルはめちゃ低いし、曖昧な関係のままセフレとしてキープもめちゃし易いです。「寂しい」と直接的な言葉で書いている子もいますが、「暇」「お喋りしたい」「何となく登録」みたいな感じの子にも多く隠れています。

夜に出会い系をやる暇がある人は、慣れればバシバシ釣れるんで挑戦してみて下さい。

セフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリランキング

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
ネットの出会い、リアルな出会い、併せてトータル1000人斬り達成している管理人じん(♂)が記事を書きました。セフレの作り方やセフレとの上手な付き合い方など参考になれば嬉しいです。
1000人斬りの俺が教えるセフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリ
1000人斬りの俺が教えるセフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリ

ネットで出会いセフレを量産したいなら、絶対に間違えてはいけないのは、サイトやアプリ選びです。実際に利用し続け、セフレを量産し続けられている物をランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら