セフレに関するデータ

セックスの消費カロリーとダイエット効果、セフレと妻や夫とは違う模様

体重計

セックスの回数が減ったり、セックスをしなくなったら太ったとか言う人は多いし、私も回数が少なった時期は太りました。

では、セックスはどれくらいの消費カロリーがあって、ダイエット効果があるのかどうかなどについてまとめてみました。セフレと妻や夫とは違う点にも注目です。

セックスの消費カロリーとダイエット効果

有酸素運動と消費カロリー

セックスした後って、かなり動いて息が切れるくらいにハアハア言うし、グッタリと疲れもやってくるので、相当の運動量がある様に思います。

では、実際にどの程度の運動量と消費カロリーがあるのかを色々と調べてみましたが、平均的なセックスで60~100キロカロリー、激しめでオーガズムを感じるくらいなら200キロカロリー程度を消化するとされています。

有酸素運動の効果を得るなら、最低でも20分以上は「ハアハア」となるくらいにはやった方が良い。

どのくらいの激しさでやるのかと言う点と、どれくらいの時間を掛けてやるのかと言う点が重要なので、例えば妻や夫とのアッサリなセックスは最低の60キロカロリー程度しか消費していないと言う事でしょう。60キロカロリーを消費する運動と言えば、体をやや動かす家事を15分程度やったのと同じくらいです。

逆にセフレとの激しく長いエッチは200キロカロリーを消費すると言う感じでしょう。20分程度の水泳、40分程度の早歩きのウォーキングに匹敵します。

ここまで来ると、かなりの運動量だと分かります。例えば週2回でも激しいエッチをするのとしないのでは、大きく違ってくるので、ダイエット効果はあると言えます。

筋肉量が増えて代謝が良くなり消費カロリーが増える

エッチの際は有酸素運動で代謝が良くなる上に、普段は取らない体勢や、力の入れ具合をするので、筋トレにもなります。筋肉量が増えると基礎代謝が上がるので、更に消費カロリーは増えダイエット効果はあると言えます。

エッチで満足できていると、ストレス解消され精神面にも良い効果があるので、こういう面からも代謝は良くなるので良いでしょう。

見られる事への効果

間接的な効果としては、セックスする時には裸を見られるので、緩んだ体型だと恥ずかしいと言う思いから、見た目に気を遣う様になります。

それによって、食事面や運動面を気にする様になるし、意識して行動すれば効果は高くなるので、そういう面からもダイエット効果は高くなります。

裸を見慣れた相手よりも、刺激的なセフレとのセックスの方がより効果は高いと思います。実際にセフレがいる様な男女は、元々の見た目が良いと言う人も多いですが、それよりも、セフレが作れる様なモテる体型を意識している上に、実際にセックスで良い運動をしカロリー消費しているから更にモテると言う部分はあります。

自分はおじさん、おばさんになったのに、あの友達はいつまでもカッコいい、可愛いと言う時は、その人は充実したセックスライフを送っている可能性があります。

「セックスやオナニーは体に良い?悪い?」専門家の意見まとめ
「セックスやオナニーは体に良い?悪い?」専門家の意見まとめセフレを作ってセックスしまくっている私でも、オナニーでシコりまくる時だってあります。どちらも気になるのは、体に良いのか、悪いのか。どれくらいのペースなら良いのか、悪いのか。今回は真面目に医師など医療関係者、専門家の意見をまとめてみました。...
1000人斬りの俺が教えるセフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリ
1000人斬りの俺が教えるセフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリ

ネットで出会いセフレを量産したいなら、絶対に間違えてはいけないのは、サイトやアプリ選びです。実際に利用し続け、セフレを量産し続けられている物をランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら