セフレに関するコラム

セフレがキスマークをつける「本当の意味や心理」とは?

セフレがキスマークをつける「本当の意味や心理」とは?

セフレがエッチの最中にキスマークを付けるけど、これってもしかして本気って事?男性、女性別にセフレがキスマークをつける「本当の意味や心理」を紹介します。本命だと喜ぶ前に知っておきたい事実なので、キスマークを付けてくるセフレがいるなら要チェックです。

首や胸などにエッチした痕跡を残す為に付けるキスマーク。他人から見える場所だと、恥ずかしいし、困る場合もありますが、それでも付ける人の心理とは…?

男女別 セフレがキスマークをつける「本当の意味や心理」

男女別 セフレがキスマークをつける「本当の意味や心理」

女性の場合

女性のセフレからキスマークを付けられた場合、この時の女性の心理として1番多いのは「他の女性に取られたくない」「本命の彼女のなりたい」と、セフレ関係の現状から昇格したいと思っている場合が多いです。独占欲から、他の女性に取られたくないと言う気持ちが、キスマークと言う形に現れます。

彼の気持ちが付き合うまでは行っていない状態を分かっているなら、せめて他の女性には「この人にはエッチする相手がいるんだ」と思わせたいと言う気持ちがあります。多くは首に付けたがりますが、そこまでの主張が出来ないタイプは胸に付けます。これが付いている間は「他の女性から守られる」、「自分を思い出してくれる」と感じている女性も多いです。

 

男性の場合

男性も女性と同じ様に独占欲から来ていますが、少し意味が違い「お前は俺の物だ」と言う意識が強いです。他の異性を寄って来させない為と言う点では同じですが、「自分の物だから」か「自分の物にしたいから」は大きく違います。セフレであっても、それを許してくれると、男性としての独占欲が満たされ、性的な面と合わせて凄く気持ち良くなります。

また女性心が分かっているタイプだと、「キスマークを付ける=私の事を実は本気になりかけている」と思ってしまう女性が分かるので、そういうタイプの女性を長く付き合える都合の良いセフレに仕上げて行く為に、わざと独占欲を見せる時もあります。

私も旦那さんがいる女性に対して「旦那とはレス」だと聞いている子に対しては、胸にキスマークを付ける事があります。こうすれば旦那とは更にレスのままになるし、性的な面で自分を求めてくる事が多くなるので、めちゃ扱いやすくなるからです。首に付けちゃうと浮気がバレて慰謝料問題になってしまうので絶対にやりません。

 

キスマークを付ける位置で意味は変わる?

 

キスマークを付ける位置で意味は変わる?

色々なノウハウサイトで、キスマークを付ける位置によって意味が違うと書かれていますが、そういう人ってどれくらいエッチしたり、どれくらいの人数と経験した事があるのかなと感じます。たぶんパソコンの前で妄想と願望だけで書いているのでしょうけど。

実際に1000人以上を相手にしてきた経験から言えば、男女ともに位置での意味は同じです。大きく変わるのは2つで、首か首じゃないかです。首の場合は他人から見える場所なので「自分と言う存在がいる事を他の人にも知らしめたい」と言う意味。首じゃない場合は「他に人には知られない様にするが、付ける相手には自分と言う存在をしっかり植え付けたい」と言う意味

胸だから、お腹だから、背中だから、お尻だからとか書いているのは、経験も全くない妄想と願望だけで書いているのでしょう。実際にやっていると分かりますが、首以外に付ける場合は遊び半分な時もあるし、、場所はその瞬間瞬間である場所に付けるので、どこがどうだのって考えすぎない方が良いです。

キスマークはエッチした証拠を残す様な物なので、セフレを量産したい男性は、十分に相手を見極めた上で、大丈夫だと判断した場合や、効果的と考えた場合だけにしておきましょう。キスマークを付ける事によって相手が勘違いして取りつかれたり、夫や彼氏と大きなトラブルになってしまわない事が大切です。