セフレに関するコラム

音喜多駿議員と三次由梨香議員の「セフレ容認契約書」とは?

音喜多駿議員と三次由梨香議員の「セフレ容認契約書」とは?

日本維新の会所属の参議院議員の音喜多駿と、妻で東京都江東区議会議員の三次由梨香が「セフレ容認契約書」を交わしていたとし話題になったが、その中身と契約書を交わす事になった理由についてまとめています。結婚してもセフレ容認とは羨ましいと思いましたが、そこには大きな問題が存在していました。

音喜多駿議員と三次由梨香議員プロフィール

音喜多駿プロフィール

生年月日:1983年9月21日

出生地:東京都北区王子本町

出身校:早稲田大学政治経済学部政治学科

前職:LVMHグループ、東京都議会議員

所属政党:みんなの党→日本を元気にする会→無所属(かがやけTokyo)→都民ファーストの会→無所属(かがやけTokyo)→あたらしい党→日本維新の会

 

三次由梨香プロフィール

本名:音喜多由梨香

生年月日:1985年5月1日

出生地:東京都江東区

出身校:東京都立紅葉川高等学校

前職:会社社長

所属政党:無所属→あたらしい党

2015年11月23日に入籍し、音喜多は三次の7歳の長女との養子縁組を行った。

 

夫婦が「セフレ容認契約書」を交音喜多わした理由とその後

ソース:ウィキペディア

2018年末には、自身の妻三次由梨香のセックスフレンド容認(妻が不貞行為をすることを音喜多が許し、契約書を交わしたとするもの)を週刊文春が報じ、その情報の発信源を巡って、上田令子都議とその後援会事務局長と係争になり、会派の解消を宣言した。また、妻の三次は自分を悪く書いたとするネットユーザーを2019年、名誉棄損として提訴した。さらに、同年2月末、希望の塾の会計問題を巡って音喜多駿には責任がある、と書いたネットユーザーを慰謝料含め総額280万円を求めて提訴し、訴えられた側は彼の区長選挙の直前であることから自分への批判を封じる為のスラップ訴訟ではないか、と反論している。

この文春報道に対して、音喜多議員がブログで契約書を交わした経緯を説明した。

ソース:音喜多駿オフィシャルサイト

記事にあるように、私たちが夫婦間で独自の約束事を交わしていたことは事実です。2016年7月、妻・三次由梨香はいわゆる「マタニティブルー」とも言える状態で、精神的にひどく落ち込むことが多い状態でした。

かたや夫・音喜多駿も当時、議会公務や度重なる大型選挙の対応で多忙を極め、十分に妻や家庭に向き合うことができず、話し合いのすえ、人間関係に関する約束事を書面に致しました。

出産・育児も一段落し、状況が落ち着いた今となってはお互いに笑い話になっていることですが、人間関係に関して夫婦なりの判断で、様々な内容のルールを取り決めることは特段におかしなことではないと思います。当人同士が納得した夫婦の在り方や形、価値観には様々なものがあり、誰かに決め付けられる性質のものではないはずです。

そもそも、夫婦間で一切問題とされていないことを、週刊誌などの第三者が興味本位で暴き立てることが異常であり、それが常態化している昨今の報道には問題があると強く感じています。

双方の人間関係について、第三者から何か指摘があるからと言って、私たち夫婦の信頼と愛情が揺らぐことは一切ありません。私たちは再婚家庭・ステップファミリーであるからこそ、深い絆で結ばれた家族として、子どもたちのことを最優先に考え、支え合いながら前に進んでいきます。

この様にマタニティブルーになってしまった妻の精神的な面を気楽にさせる為に、そういう事を行ったと明かしています。同様の内容が三次由梨香オフィシャルブログにも掲載されています。現在は元気になり、そういった文書も存在しないとの事なので、妻の精神面を思いやって何か気が楽になる様な事を考えた末に、一時的に用意した物だという事です。

妻の三次議員も実際に行動に移す事は無かったそうだし、今は元気で夫婦関係も良さそうなので、良い選択だったのではと思います。そもそも夫婦と言う形を継続するが、セフレを容認すると言うのは、現代では有り得ない話ですし。

俺も「セフレ容認契約書」を書いてくれる様な女性だったら結婚しても良いかなって一瞬思いましたが、そんな家庭をキープしていく方がキツイだろうと思いました。そういう事で、音喜多議員と三次議員が本気で交わした訳ではないという事も想像できます。

1000人斬りの俺が教えるセフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリ
1000人斬りの俺が教えるセフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリ

ネットで出会いセフレを量産したいなら、絶対に間違えてはいけないのは、サイトやアプリ選びです。実際に利用し続け、セフレを量産し続けられている物をランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら