セフレと上手な付き合い方

セフレを上手にキープし続ける方法「大切な13個のルール」

セフレと上手に付き合いキープする上で「大切な8個のルール」

セフレを作る人は必ず知っておきたい、セフレと上手に付き合いキープし続ける上で「大切な13個のルール」を設ける事は、トラブルを未然に防ぐ事、楽しい付き合いを続ける為に必要な事です。

セフレを上手にキープして長く付き合う為にも必要になってくるので、セフレが欲しい人はぜひ学んでおきましょう。

1000人斬りしてきた私が今も実践している自分ルール的なものですが、これから沢山のセフレを作っていきたい人にとって、良い心得になると思うので、ぜひ一通り目を通して下さい。

彼氏・彼女面しない

彼氏・彼女

彼氏や彼女、恋人同士と言うポジションではない気楽な付き合いを求めているので、どちらかが彼氏・彼女面をし出すと面倒に感じます。

相手と体の関係を持つと距離感が近くなるので、どうしてもそういう感じを出す人がいますが、彼氏や彼女の様に「ああしろ、こうしろ、こうした方が良い」なんて言葉は面倒なので、相手が愚痴を言っていたとしても「そうなんだ~、大変だったね」と言う感じで気楽に共感して聞いてあげるだけで良いんです。

引きすぎてもダメですが、一歩引いたくらいの気楽な距離感でいる事が大切です。

また、相手にも彼氏・彼女面させない為にも、それらしい事をやってきたら「ちょっと面倒だよ」と言う表情を出して良いです。

また「私たちって付き合ってるみたいだね」なんてジャブ入れてきたら、「あー、でも今くらいの感じがお互い楽だしね」なんて感じでかわしましょう。

普段の生活に干渉せず束縛しない

束縛

自分の物と思ってしまうと、彼氏や彼女じゃなくても束縛したり、相手の状況を知りたがったりする人はいます。友達なら「ちょいウザい」で許せますが、セフレならお別れです。基本的に都合の良い時だけの関係なので、縛られる関係とは真逆にあります。

束縛を感じると、例えば恋人がいる人や既婚者の場合、その壊したくない関係が壊れるリスクが高くなるので、そういう人とセフレ関係にある場合は特に気を付けないといけません。全く束縛しない人だからこそ、セフレとして楽しめるし、楽な相手として認識して貰えます。

お互いの予定が合う時だけの関係であり、どちらかが無理して予定を空ける様になってくると終わりが近づきます。連絡入れて断られても、相手にイラついたりしない様にしましょう。そういう時の為にセフレは複数いると良いです。

相手の彼氏(彼女)・夫(妻)の話は掘らない

考え事をする女性

基本的に相手の家庭の話や、付き合っている人の話はしません。セフレにしたいと思った場合、相手のパートナーの悪い部分をピックアップし突っ込み、自分の良さをアピールする人がいますが、それは愚策です。

悪い部分をピックアップすると、相手は気分が落ちたり、現実に引き戻され浮気をする事にブレーキを掛ける事が多いです。ただ、相手が話題を出してきた時は付き合ってあげましょう。それでも、こちら側から深く掘る必要はなく、愚痴に対して「そうなんだ」と聞き役に徹すれば良い。

「旦那さんムカつくね!最低だね!」なんて言う必要はありません。「そっかー、大変だね。◯◯ちゃんは頑張っているし俺はちゃんと分かっているから、俺と一緒の時くらいは気楽に息抜きしなよ」と言う感じで、相手の話や考え方を肯定してあげるだけで良いです。

相手のパートナーを下げる様な事をしなくても、既に2人でデートしているなら、そういう事を忘れて楽しみたいと思っているので、わざわざ現実に引き戻す必要はありません。

相手を落として自分を良く見せても得点にはならないので、そんな事に力を注ぐより、楽しい会話で今ある時間を楽しませてあげましょう。そうする事で、家庭や恋人と嫌な事があれば、高確率で連絡を入れて来る様になるし、その度にエッチ出来る様になります。

恋愛話は極力避ける

恋愛話は極力避ける

彼氏、彼女の話だけではなく、単純に恋愛に関する話もできれば避けましょう。これは、セフレ関係でキープできなくなる可能性があるからです。多くの場合は女性が男性の事を好きだけど、男性がセフレで止めている場合です。

恋愛話をすると、どうしても自分達の話に行き着きやすいので、付き合いたいと思っていない場合は隙を見せる事になります。隙が見えれば相手は突っ込んでくるので、そこで終わりを迎える可能性が高くなります。

隙がなければ、言い出せずセフレのままズルズルと関係を続けてしまう女性は多いので、そういう話は避けてキープする為には必要な手段です。

どうしても行き着いてしまった場合は、深掘りされる前に先手を打って「俺はまだ仕事が忙しくて…、落ち着いたらちゃんと恋愛モード入りたいな~」なんて言ったりしますが、その前の段階で回避する時は恋愛話から発展させ下ネタに持ち込みます。

ここに持ち込めば純愛から遠ざかりエッチへの距離が近くなるので一石二鳥です。

恋愛話と近い感じで、他のセフレの存在も話さない方が良いでしょう。セフレと割り切っていても、嫉妬する人はいるし、多くの人と同時にやっているタイプと分かると不潔と感じたり、性病の危険性が高いなど敬遠される事にもなるので、メリットはありません。

「好きだよ」等の言葉は言わない

「好きだよ」等の言葉は言わない

「好きだよ」「愛している」等の言葉は、使わない方が良いでしょう。そういう言葉を言えば、特に女性は心を開いて体も許しやすいですが、セフレ以上の関係を求めてきやすくなります。

夫や彼氏がいる女性でも、それを壊しても良いなんて思ってしまう女性も出てくるので、セフレが欲しい人は極力使わない様にしましょう。いつの間にか依存され付きまとわれる可能性があります。

ただ、相手も完全に遊びで、その瞬間だけ気持ちを高めたい場合に言う女性もいるので、そういう感じを見極める事が出来るなら、その時だけは言ってあげた方がエッチがめちゃ盛り上がるので良いです。

連絡しすぎない、タイミングを考える

スマホ、電話

連絡を取らないと会えないので、もちろん連絡を取る事自体は問題ありませんが、お互いの生活には干渉しない事がルールなので、連絡を頻繁に入れたり、連絡をする時は必ず相手の生活に支障が出たり、相手が恋人や家族とトラブルになるリスクが高い時間に連絡を入れたりするのは止めましょう。

LINEだから何時でも良いでしょと考える人はヤバいです。例えば彼女のLINEが夜頻繁にピコピコなっていると、それだけで「誰だ?」となるでしょうし、彼女が返さずにいたら更に「誰だ?」となるでしょう。

私の場合は最初の段階で連絡しやすいタイミングを聞いておきます。その際に自分の都合も伝えると良いので「〇〇ちゃん、旦那さんいるし夜連絡するとまずいよね?何曜日や何時頃だったら連絡入れても大丈夫?」なんて聞いておきます。

この際、自分の都合だけで「〇〇ちゃん、俺は週末と18時以降は連絡来たらヤバいから入れないでね」なんて上から目線の発言はしない様にしましょう。

あと、連絡をし無さ過ぎるのもダメです。出来れば月に1回~2回は会ってエッチする、出来ない場合はLINEくらいは入れておけば良いです。そうしておかないと、別の相手を作られる可能性が高くなります。

日本人の男女がセフレと連絡する頻度や会ってセックスする頻度の平均回数

会えば必ずヤレると思う、直部屋やホテルはNG

セフレとセックスセフレとは言え、相手は風俗嬢ではありません。会えば必ずヤレる訳では無いので、毎回ちゃんとそれなりのムードを作る事は大切です。ヤレるのが当たり前な感じになると相手は冷めてしまい関係は終わってしまうので、注意しましょう。

10回会って10回ヤル時もありますが、10回必ずヤレると言う感覚で会うなと言う事です。相手が気分が乗らない時にも「お前もヤリたいから来たんだろ?」的な態度だと次が無くなります。

デートも回数を重ねると面倒になって、単にエッチだけをと言う感じになりがちですが、キープして長持ちさせたいなら、美味しい物を食べたり飲んだりしながら会話する時間も持ちましょう。

通常の恋人関係に比べてセフレは主に体の関係を楽しむ事になるので、単調になりやすくマンネリして関係が終わり易い。

特に女性は単なる快楽だけの為じゃなく、何か心の隙間がありそれを埋める為にセフレを持つ事が多いので、そういう部分を埋めてあげるだけで、かなり長く付き合えるセフレになります。

ホテル代、食事代などを割り勘にするセフレカップルもいますが、私はそういうデート代は全て出します。こういうのを負担に感じて切れてしまうより、それくらいは経費として考え、それでお小遣いに余裕が無くてもデートしてくれる(エッチさせに来てくれる)なら安いと考えています。

秘密を守り、ポーカーフェイスを保つ

秘密を守り、ポーカーフェイスを保つ

本当は付き合いたいとか単に自慢から、関係をばらしたり匂わせる人がいますが、これをやると一瞬で関係が終わる事が多いです。ちゃんとしたお付き合いが出来ないからセフレ関係になっていたりする事も多いので、お喋りタイプは嫌われます。

一般的にはモラルに反した関係の様に見られがちなので、多くの大人はセフレと言う事を隠します。

嘘を突き通せないタイプ、顔に出てしまうタイプも敬遠されます。自分では隠しているつもりでも、他人からみると明らかにおかしいと思われるタイプです。

そういうタイプも、付き合っていると色々なリスクが高いです。街中やお店などでバッタリ会った時は、セフレ関係と分からない様にポーカーフェイスでやり過ごせるタイプがセフレとしてはモテます。

秘密を守る為の一環として、夫や彼氏がいる子とは道端などでキスしたり手を繋ぐ事はしません。気持ちが盛り上がると、どうしてもイチャイチャしたくなりますが、これは自分を守る為でもあります。

前戯やピロートークまでしっかりヤル

ベッドで抱き合う

セフレ関係のノウハウを見ていると、セフレは前戯やピロートークをすると相手に勘違いさせて本気になってしまうから止めろと書いてある事がありますが、これは大間違いです。

特に女性は夫や彼氏に満足していないからセフレを作ります。セックスレスになっていたり、セックスはあっても昔の様な濃厚なセックスではなく、作業的なアッサリしたものが多いです。

ですから、セフレなら思いっきり楽しんで貰える様に、前戯からピロートークまでシッカリやって、満足させましょう。そうすれば、その後もこの人とエッチしたいと思ってくれます。

線引きはその後で、ピロートークまで楽しんだらサクサクとシャワーを浴び着替え「それじゃあ」と言う感じで別れれば、「短時間でサクッと楽しめる関係」と相手も割り切ってくれる事が多いです。

気持ち良い所、やって欲しい事を聞く

セフレとセックスを楽しむ

真面目なお付き合いをしている彼氏・彼女に対しては、あまり注文を付ける事が出来ないし、マニアックなプレーも出来ないと言う人が殆どです。

結婚した夫や妻なら尚更と言った感じで、実は欲求不満を溜めこんでいる人は多い。

セフレ関係になったなら、なるべく早い段階、出来れば初回の時にどこが気持ち良いかを徹底的に聞きましょう。それからどういうプレーをしたいかなども聞くと良いでしょう。

普段隠している、我慢している部分を開放できる相手と思われた瞬間に、セフレとして長く付き合っていける事になります。

女性で恥ずかしくて声を出せない子に対しては、思いっきり喘ぎ声出しても大丈夫なラブホに行き「もっと声出して!」と注文しても良い。女性は自分の声で感度を高めて行くので、これだけでも最高のセックスに一歩近づきます。

清潔感を大切にし見た目に気を遣う

コーヒーを飲むスーツの男性

不潔な男性に抱かれるなんて気持ち悪い事しかない。セフレだとか関係なく、男女で抱き合うなら清潔感は絶対に大切です。

髪の毛、髭、爪、耳垢、歯、舌、口臭、体臭などのお手入れは欠かさない様にして下さい。

また、服装は高いブランド品などは必要ないですが、年齢相応の清潔感ある恰好にしましょう。穴が開いていたり、ヨレヨレの服なんかは女性が一番嫌うので注意が必要です。

セックスの順序を変える

キスする男女

いつもセックスする順序は「キス→胸を揉む→マンコ触る→フェラさせる→入れる」なんて男性は多いでしょう。そういうワンパターンなセックスをしていると相手は直ぐに飽きます。

セフレとのセックスは刺激的なセックスがあるからこそ良いし、そうだからこそキープも出来る。それなら、いつも違うパターンで楽しむと言うは非常に大切な事。

例えばキスした後に、立たせたままいきなりパンツ脱がしてクンニして入れると言う感じも良いでしょう。いつもベッドからならお風呂で洗いっこしつつそのままセックスするのも良いでしょう。

避妊する

コンドーム、ゴム

妊娠や病気などのトラブルが発生すると、セフレ関係は終わる可能性が高いので、避妊はキープの為にも絶対にした方が良いです。

ゴムをちゃんと付ける事で、相手の女性も安心感が沸くので、安心してエッチを楽しめる相手と認識されるのもプラスに働きます。

長く楽しみたい相手なら、相手の女性の体を気遣ってあげると言う事も大切です。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
ネットの出会い、リアルな出会い、併せてトータル1000人斬り達成している管理人じん(♂)が記事を書きました。セフレの作り方やセフレとの上手な付き合い方など参考になれば嬉しいです。
1000人斬りの俺が教えるセフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリ
1000人斬りの俺が教えるセフレが量産できる出会い系サイトとマッチングアプリ

ネットで出会いセフレを量産したいなら、絶対に間違えてはいけないのは、サイトやアプリ選びです。実際に利用し続け、セフレを量産し続けられている物をランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら